アパート経営 サブリース

無料!各建設会社の費用や収益プランがもらえます♪

アパート経営でサブリース契約は一般的

アパート経営の多くはサブリース契約で行われています。サブリース契約とは一般的に一括借り上げといわれているもので、不動産会社が一括でオーナーから借り上げてそれを入居者に貸し出すという契約形態です。これはアパートだけではなくオフィスビルなどでもよくみられる一般的な契約形態です。

 

 

 

 

 

このサブリース契約のオーナー側のメリットはいろいろあります。まずはオーナーが何もする必要はないという点で、管理会社が入居者の募集や必要な掃除などはすべてやってくれます。また毎月決まった家賃収入があるという点もメリットです。自分で入居者を探す場合、空室ができるとその分家賃収入は下がってしまいますが、サブリース契約ではそれがありません。

 

 

 

 

 

その一方で、デメリットもたくさんあります。アパートが完成して管理会社とサブリース契約を結びますが、この契約はずっと続くわけではなく2~3年に一度更新が行われます。空室率が低い場合や満室の場合、毎月の家賃収入が下がることはありませんが、空室率が高い場合管理会社は毎月の支払額を下げてきます。

 

 

 

 

これをよく理解していない人が実は多いといわれていて、問題になっています。特にアパート経営を始めるのは相続税対策を目的としている老人が多いといわれていますので、あまりよくわからず契約している人も多いといわれています。

 

 

 

 

 

アパートを建築するにあたってローンを組む時は返済計画を立てますが、当然毎月の家賃収入を念頭に返済しますので、契約が更新されて毎月の家賃収入が下がると返済計画がくるってきます。。

 

 

 

 

さらにアパートは10年くらいたつとリフォームが必要になってきます。交通の便が良い場所にあるアパートだと多少古くなってきても入居者が集まりますが、あまり交通の便が良くないとリフォームしないと入居者が集まらなくなってきます。これにも結構費用が掛かります。ですのでアパートを建築するときにはサブリース契約の内容をよく検討する必要があります。

 

 

 

アパート経営の失敗例と成功例のTOPへ戻る

下記の「タウンライフ土地活用」では無料で、各建築会社の費用総額表や収支計画書が無料でもらえます↓