アパート経営 実質利回り

無料!各建設会社の費用や収益プランがもらえます♪

アパート経営での実質利回りについて

そもそも、アパート経営そのものは、入居者である借主の方へアパート物件建物内にある部屋を貸して、そのうえで賃料を受け取るといったカタチでの、賃貸借契約の類の1つにあたります。

 

 

 

 

そのため、所有者である貸主の方には法律上、入居者の方のための生活面においての入居物件そのものの配慮や、物件そのものの維持管理面においての管理の必要性などが生じたりするなど、善管注意義務が関連法令上に規定をされているような状態でもあります。

 

 

 

 

 

そして、やはり家賃収入とかを中心とした収益を得ながらアパート経営をしていくというような感じですので、その収益面においての実質利回りなどのあり方が、やはりはっきりとしておくような条件が必要になってくるものと思われます。

 

 

 

 

基本的に、この実質利回りなども、そのアパート物件が建っている場所の土地自体の地価や、その地域全体の1坪あたりの平均地価である公示地価などの影響を受けたりしながら、変動をしたりするような場合もあります。

 

 

 

 

 

 

そうした現時点のその土地の実際の地価である実質地価と公示地価とを平均計算をしたものが実勢地価になりますが、実はこれを用いて、実質利回りの値を計算した値が、正しい実質利回りの値ともいえます。

 

 

 

 

ただ、実はこの実勢地価そのものを算出したりするような事自体も中々至難の業であるといった事情などもあり、このため大抵の場合とかには、現時点での実質地価での値のみを用いて、大まかな利回りに関しての計算がなされたりするような場合が多いようです。

 

 

 

 

 

さらに、今回の記事のテーマでもあるアパート経営上での実質利回り自体もやはり、それぞれのアパート物件毎の家賃収入や地価のあり方、周辺環境による実勢地価への影響等々、その他様々な条件や事情なども大きく関わってくるような感じでもありますので、実際の計算は素人である貸主の方などには大変難しいかもしれません。やはり、土地家屋調査士や測量士などのような専門家の方へ、相談をされた方が良いような感じもします。

 

 

 

アパート経営の失敗例と成功例のTOPへ戻る

下記の「タウンライフ土地活用」では無料で、各建築会社の費用総額表や収支計画書が無料でもらえます↓